生産者から採れた分だけ!何が届くかわからない!

なにが届くかわからない! とれたぶんだけ.comとは?

TVで取れ過ぎた野菜を捨てている

テレビで「採れすぎた野菜を捨てている」シーンを見たことはありませんか。また、野菜を安売りしてしまっているために、価格競争に巻き込まれて、化学肥料を使い、土地がやせていき、栄養価が低い野菜しか収穫できなくなっているというような話も耳にします。少し傷がついたくらいで捨てている野菜も多いのが現状です。そこで私たちは考えました。「きっとそれらの野菜や果物にも、欲しがってくれる人はいるはずだ」と。

たけのこ

全国的に竹林(竹害)で悩む地域も増えています。そういう地域の多くでは、竹林がこれ以上広がらないように、せっかく生えてきた旬のおいしいたけのこをキックしてへし折って捨てているとか。また、竹材を活用した竹炭などを作っても、売る場所がなく困っているという事実があります。そこで私たちは考えました。「きっと何かできるはずだ!あんなにおいしいたけのこをキックして捨てている場合ではない!」と。

「とれたぶんだけ.com」は、そんな気持ちを形にした、まったく新しいプロジェクト

「とれたぶんだけ.com」は、そんな気持ちを形にした、まったく新しいプロジェクトであり、野菜や果物をはじめとした生産物の通信販売サイトなのです。

最大の特徴は、「(指定した予算内であれば)生産者さんから何が送られてくるかわからない」というところです。消費者が何を買うか選べるのが常識ですが、あえてその常識を無視しました。消費者は農家から何がどれだけ届いても文句は言えないのです。むしろ、何が届くかわからないというドキドキ感を楽しめると考えてください。

むしろ、何が届くかわからないというドキドキ感

そんな消費者(購入者)のみなさんのことを「とれたぶんだけ.com」では、「チームおひとよし」と名付けました。そう、おひとよしでもない限り、きっとそんな農家のみなさんをはじめとする生産者のわがままにはつきあえないかもしれません(チームおひとよしについての詳細・お申し込みはこちら)。でも、私たちは、きっと私たちの考え方に共感し、このチャレンジにおつきあいしてくださるおひとよしのみなさんが全国にはたくさんいらっしゃると信じています。

現在、多くの生産者のみなさんと交渉や調整を進めています。きっと多くの自然の恵みをみなさんに届けられると思っています。

生産者と消費者をつなぐ新しい形「とれたぶんだけ.com」

生産者と消費者をつなぐ新しい形「とれたぶんだけ.com」。チャレンジだとしても、お金をいただく以上は、きちんとした管理の下、安全なプロセスで生産から消費までをつなげるように努力しています。どうか、少し余裕を持った温かい気持ちで見守りつつ応援していただけましたら幸いです。よろしくお願いいたします。

とれたぶんだけ.com スタッフ一同

とれたぶんだけ.com


TOP